« 2012年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年4月

2012/04/25

小女子食べたい。

小女子食べたくてしかたないぴーちょん。
必死です(笑)


0:09あたりで、一瞬コケた時の表情がたまりませんw

最近のぴーちょん。
換羽が始まったもののの、やっぱり抜け方がめちゃ遅い。
本当に少しずつ生え変わるので、
ハゲハゲのトゲトゲにならないのです。
頭を触るとちょこっとトゲトゲしてる程度。
見た目はいつもより羽が薄いかなーって感じです。
顔まわりもなかなか抜けかわりません。
前からそうなのですが、やっぱり代謝が悪いんだろうな…( ´・ω・`)

6


かわいいの撮れた♪

今日はどれをぴーちょんにあげますか?(≧∇≦)

Tomyo Mikan  Niboshi  Awaho
ブログ村にlinkしています♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ  にほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/04

産卵終了?

また久しぶりのblogになってしまいました…
ぴーちょんは1ヶ月間抱卵し、やっと出てきたと思ったら
まだ体重が重い感じ。発情しまくり…
そしてある朝、羽をふくらませてとても調子が悪そうだったのです。
今までにない感じ。これは卵詰まりかもしれない。。と。これは危険。
ちょうど土曜日だったのですぐに連絡して、飼鳥野鳥病院で診てもらいました。
小さいカゴにお湯を入れたペットボトルを入れて連れて行ったら、
体があたたまったみたいで、先生に診てもらう頃には元気に。
具合が悪そうなときはまずは暖める!というのは、基本的なことなのですが。
診てもらうと、早ければ今日、じゃなきゃ明日には卵産むね。とのこと。
なんとぴーちょんは今シーズンは計10個も卵を産んでしまったんです…
ダラダラ産みすぎだね!と言われましたsweat01
とにかく箱はいれちゃだめ!と怒られ、
ぴーちょんにとってまずい薬(笑)を処方され、様子をみることに。
卵は先生の言うとおりすぐに無事産みましたが、
あまり立て続けに産んでいると体力が低下し、
卵の殻が薄くなったりやわらかいままだったりして
卵詰まりを起こしたりする危険が高まります。
とりあえず卵産んだら体重を計って電話して、と言われ、
その次の指示をいただきます。とっても鳥想いな親切な先生です。
女子文鳥はこのシーズン、そういう心配があるから緊張しますね。
ぴーちょんは普段の体重が22gと小さめなので、なお心配。
先生に診てもらって指示をいただけて、感謝。
あ。調子が悪そうだったのは、陣痛と同じような感じで
痛かったんじゃないかな、と言われました。
そういう時は放鳥すると、お腹から着地してしまったりして
中で卵が割れてしまって危険なのだとか。
止まり木をとっちゃってもいいぐらいだそうです。

Photo

そして最近は換羽がはじまりました。これは産卵終了の合図だそうです。
私達はちょうど2泊で家をあけてた時があり、
父に相手してもらっていたから、発情がストップしたのかもしれません。
(父には絶対発情しないのでw)
それでも私達が帰ってきたら、またちょっと発情気味。
注意しなければ…

今日はどれをぴーちょんにあげますか?(≧∇≦)

Tomyo Mikan  Niboshi  Awaho
ブログ村にlinkしています♪

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ  にほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2013年4月 »